喫煙率を下げるため

近年、禁煙が社会的国際的に推進されるようになって、日本でも喫煙者の数が減少傾向になっています。
しかし、それは日本人全体の喫煙率であり、実は20代30代の若い女性だけで言えば横ばいか微増しているのが現状なのです。
その若い女性の喫煙率をどう低下させていくかが大きな問題となっています。
そこで禁煙のメリットを若い女性向けに謳っていくことが大切になります。
例えば、美容です。
女性の多くは美容に非常に関心が高く、それは若い女性でも同様です。
多くの人々には知られていませんが、実はタバコというのは美容に悪いのです。
というのも、タバコを吸うことによって体内にあるビタミンCが消費されてしまうからです。
ビタミンCというのは体内で合成することができず、また一定以上体内で蓄積することができません。
タバコを吸えば吸うほどビタミンCが減少していくことになります。
そのビタミンCは美白効果があるだけでなく、体内でコラーゲンの合成にも使われる栄養素なのです。
そのビタミンCが不足すると肌にくすみやシミ・ソバカスができたり、肌のハリが失われることも少なくありません。
それを隠そうとファンデーションを塗るにしても、肌の状態が悪いため化粧ノリが良くありません。
肌の状態が悪かった女性も禁煙を取り組むだけで劇的に改善されることもあります。
その美容効果に関するメリットをもっと社会的に広めていけば、若い女性の喫煙率を下げることができるのです。