仕事をするために禁煙

私は短大を出て、保育士と幼稚園教諭の資格を取得しました。
保育園か幼稚園に就職したかったのですが、待機児童が多いといっても少子化の折ですから、採用人数が少なく就職できませんでした。
ようやく探し当てたのが、24時間保育を行っている託児所のアルバイトです。
子供と接することができるのは嬉しかったのですが、アルバイトは不安定なので、経験を積みながら、いつかは正職員になりたいと願い続けていました。
常に求人を探していて、5度目のチャレンジでようやく、二次面接までこぎつけたのです。
ですが、その際、大きなハードルをつきつけられました。
そこは幼稚園だったのですが、「タバコを吸いますか。
」と聞かれました。
実は私は、付き合っている彼氏がヘビースモーカーの影響で、吸うようになりました。
しかも、24時間シフトのアルバイトで生活が不規則になったストレスからか、最近、タバコの本数が増えていました。
恐る恐る「吸うのですが」と答えたところ、「当園には喫煙所がありません。
保護者の方もうるさいですし、園児への受動喫煙や臭いなどの影響もありますから、当園では喫煙は一切禁じています。
」と言われたではありませんか。
そこまで、いい調子で進んでいたので、これにはショックでした。
しかし、ここであきらめてはいけないと思い、「必ず、禁煙します。
」と答えている自分がいました。
そこからチャンピックスと通販を調べ上げ、禁煙チャレンジが始まったのです。
その場での強い決意がかられて無事に転職できたのですが、同時に、禁煙にも成功できた私です。
採用がかかっていたので頑張れたのは事実でしたが、効き目はなかなかのものです。